RFIDタグを使った生産状況の見える化 | 目的別 | 物流・製造の自動化、効率化ならスマートファクトリー

資料ダウンロード・動画視聴ページ 無料コンサル

スマートファクトリー化を検討中の
経営者・工場長・責任者様へ

RFIDタグを使った生産状況の見える化

RFIDタグを使っての見える化ならスマファクにお任せください

RFID(Radio Frequency IDentification)とは、タグと呼ばれる媒体に記憶された情報を対応するスキャナ(無線通信)によって読み書きをおこなうシステムのことです。バーコード・QRコードでは、1回のスキャンで読めるデータは1件のみですが、RFIDでは一度に複数のデータを読み込む事が可能で、作業効率の改善が期待できます。

こんな課題はありませんか?

  • 製造中の工程をモニタリングしたい
  • 異常発生時にリアルタイムで検知したい
  • 稼働状況データを蓄積・分析したい
  • 稼働率を上げたい

こんなことが実現できます

RFIDタグにより製造工程の製品位置把握、保管庫への自動分類・自動配送を実現します。

  • 製造ライン上にある製品等がどこにあるか見える化

導入事例

  • 製品の見える化

生産状況の見える化

生産されるモノの位置や工程を可視化する事によりトレーサビリティ向上や、生産状況の見える化を行います。管理したい製品にRFIDを取り付け、作業工程毎のエリアにリーダー(読み取り機)を設置します。「今どの場所(行程)に、何がいくつあるか」がリアルタイムに管理できるようになります。
詳細はこちら >

  • 物流効率の向上
  • 製品の見える化

物流業様向け製品の見える化・工程管理

RFIDタグ(非接触型認識タグ)、個別識別バーコード(RFID)、ビーコンなどを使い製品の見える化と工程管理をを行います。
詳細はこちら >

スマファクナビならではの
ご依頼メリット

  • お客様ファースト

    特定メーカーに依存していないので、当社の機械・設備やITソフト・管理システムなどを導入する必要がありません。世の中にあるたくさんの技術を集め、組み合わせることによって、お客様にとって最適な提案をすることが可能です。

  • 生産技術×IT

    当社は生産技術(エンジニアリング)・センサー、IOT、AI等の知識を兼ね備えています。「機械・設備に強い」「ITに強い」と当社にはどちらの事業部門もそろっているのでお客様の要望に1社で答えることができます。

  • 概念実証を行う

    課題を解決する際、その方法が本当に最適で実現出来るかを概念実証にて検討し、効果を測定してから実際に本番環境を構築することが可能です。

自動化・ロボット化ソリューションを
ご利用いただく企業様を
20社限定で募集します。

ご依頼内容によって受託できない場合がございます。
あらかじめご了承ください。