無料診断

事例集

生産状況の見える化

生産されるモノの位置や工程を可視化する事によりトレーサビリティ向上や、生産状況の見える化を行います。管理したい製品にRFIDを取り付け、作業工程毎のエリアにリーダー(読み取り機)を設置します。「今どの場所(行程)に、何がいくつあるか」がリアルタイムに管理できるようになります。

Problem(問題)

・特定のお客様の製品が、どの工程まで作業が進んでいるのか進捗把握が出来ない
・検品や棚卸作業を手作業/目視で行っていたので間違えが多発
・生産状況を1日単位で管理してるので遅延やトラブルの発見が遅れる

Solution(解決)

・管理したい製品にRFIDを取り付け
・作業工程毎のエリアにリーダー(読み取り機)を設置
・「見える化」を実現するシステムを導入(PC/タブレット版)

RFIDによる個体管理

リーダー通過するだけで作業工程・数量を認識

PCやタブレットで常に進捗や在庫の管理が可能

Performance(成果)