AIによる外観検査 | 目的別 | 物流・製造の自動化、効率化ならスマートファクトリー

資料ダウンロード・動画視聴ページ 無料コンサル

スマートファクトリー化を検討中の
経営者・工場長・責任者様へ

AIによる外観検査

外観検査とは・・

部品や製品の品質を維持・保証するために外観をチェックする検査です。主に部品や製品の表面に付着した異物や汚れ、傷、バリ、欠け、変形などの外観上の欠陥を確認し、良否判定を行います。人間の目による「目視検査」は判断基準が曖昧になりやすく、検査員の経験や体調によって誤判断が生じやすいという問題点があり、撮像したデータから部品・製品の異物や傷などの外観検査を実施するソリューションを導入する企業が増えています。

こんな課題はありませんか?

  • 目視確認にかかる時間を減らしたい
  • 品質のバラツキをなくしたい
  • 目視確認結果のデータ入力にかかる時間を減らしたい
  • 検査員の人手不足
  • 受注が増えても増産できない
  • 不良品が多数発生し、顧客信用をなくしてしまった
  • 検査員が熟練するには長い経験と豊富な知識が必要であり、短期間での技術承継が難しい

こんなことが実現できます

商品や部品の欠陥を識別したり、パターンマッチングによる自動仕分けが可能

  • 廃棄部品の識別

  • 自動仕分け

導入事例

  • 省力化(AI)

画像認識システムによる検品作業自動化

多くの人が関わる検品や物流は自動化したいポイントの1つ。
特にAIを組み合わせ検品作業を自動化できれば熟練工が別の作業に注力でき、全体の生産性を上げることができます。
人が目視で発見していた傷や汚れや異物の付着など微細な欠陥を画像認識システムによって一括して検査できるので、QCDの大きな改善が期待できると考えます。
詳細はこちら >

  • 省力化(AI)

ゴミ焼却炉効率化(AI)

ごみ焼却炉の燃焼効率を上げるために、攪拌作業の省力化をAIを用いて行う。
詳細はこちら >

スマファクナビならではの
ご依頼メリット

  • お客様ファースト

    特定メーカーに依存していないので、当社の機械・設備やITソフト・管理システムなどを導入する必要がありません。世の中にあるたくさんの技術を集め、組み合わせることによって、お客様にとって最適な提案をすることが可能です。

  • 生産技術×IT

    当社は生産技術(エンジニアリング)・センサー、IOT、AI等の知識を兼ね備えています。「機械・設備に強い」「ITに強い」と当社にはどちらの事業部門もそろっているのでお客様の要望に1社で答えることができます。

  • 概念実証を行う

    課題を解決する際、その方法が本当に最適で実現出来るかを概念実証にて検討し、効果を測定してから実際に本番環境を構築することが可能です。

自動化・ロボット化ソリューションを
ご利用いただく企業様を
20社限定で募集します。

ご依頼内容によって受託できない場合がございます。
あらかじめご了承ください。