ポリ容器個体識別管理 | 事例集 | 物流・製造の自動化、効率化ならスマートファクトリー

資料ダウンロード・動画視聴ページ 無料コンサル

事例集

ポリ容器個体識別管理

ポリ容器の回収管理を自動化で行います。

Problem(問題)

液体メーカー様にて、商品を入れているポリ容器の回収管理を出来るようにしたいという要望がありました。 問題点は4つありました。 ①ポリ容器の数量の全体把握ができていない。 ②ポリ容器の耐用年数と交換時期の管理ができていない。 ③出荷したポリ容器が回収できているかが管理できていない。 ④棚卸ができない。

Solution(解決)

恒久的にポリ容器に個別IDを持たせ、ステータス管理を行うことで、個別管理の流れを構築できます。

Performance(成果)