ゴミ焼却炉効率化(AI) | 事例集 | スマファクナビ

資料ダウンロード・動画視聴ページ 無料コンサル

事例集

ゴミ焼却炉効率化(AI)

ごみ焼却炉の燃焼効率を上げるために、攪拌作業の省力化をAIを用いて行う。

Problem(問題)

ごみ焼却炉には色々な種類のごみが集められてくる。 ごみの燃焼効率を上げるために、攪拌(かくはん)作業を行い、ごみから水分を除去し、ごみ収集袋を破壊する。 空気混入をして攪拌した後、焼却炉投入ごみの種類を仕分けし、大きさを極力均一化している。 その均一化作業の自動化、省力化を実施したい。

Solution(解決)

AI(セグメンテーションモデル)を用いて、燃えやすいごみ・燃えにくいごみを判定します。 学習フェーズでは、AIは画像と正解ラベルを利用し学習(パラメーターの調整)をします。 推論フェーズでは、入力された画像に対して、ピクセル単位でごみの判別をします。