無料コンサル

事例集

果物追熟システムの遠隔監視

果物の熟成加工を行う際、熟練者が1週間近くかけて特別な室に入れ、温度コントロールや、炭酸ガス濃度を調整して行う。 それら工程の遠隔監視と自動化です。

Problem(問題)

海外から輸入される果物は、熟しきっていない状態で輸送されます。 その果物を店頭に並ぶ際ににちょうどいい状態に熟させる追熟機械の自動化が必要になる。 特別な室で数日かけて経験豊かな人材がつきっきりで温度・炭酸ガス濃度・果肉温度などの各管理を行っていたので人件費もかかり、長時間労働となっていた。

Solution(解決)

・最適な加工スケジュールを設定 果物入庫時に熟成加工に必要な条件(各ブランドの加工スケジュールの制御パターン選別やパターン別パラメータ)を登録。これだけで入庫から出庫(加工完了)までの最適なスケジュールをコンピュータが自動的に選択。 加工途中でのスケジュール変更も可能。 ・コンピュータによる完全自動コントロール コンピュータで選択した加工スケジュールにしたがって、温度・炭酸ガス濃度・果肉温度などの各種データ管理を行う。 また、冷却・加熱・エチレンガス投入・換気などを果物の熟成度との相関関係から自動コントロールし最適な熟成加工を行う。 ・加工データの管理・帳票作成 加工中の熟成加工室の各種データから、必要なものだけを選択してコンピュータ画面に表示。 加工終了後は熟成加工に伴う各種データを所定のフォーマットでプリント可能。 ・各種設備機器の集中監視 各種設備機器の運転状況をシステム画面で集中監視。 異常発生時にはその内容が表示されるだけでなく、Mailなどでも警報通知。

Performance(成果)