無料診断

用語集

デジタルツイン

デジタルツイン

データを元に仮想空間にリアル世界を再現する「デジタルの双子」

デジタルツインとは、リアル(物理)空間にある情報をIoTなどのセンシング技術で集め、
そのデータを元にサイバー(仮想)空間でリアル空間を再現する技術のことを指します。

デジタルツインの最大のメリットは、仮想空間上で製品テストを行えることにあります。
従来の製造業での新製品開発プロセスでは、設計書を複数作成したのちに、
コンピューター上や実際に試作機を作成し、動作を確認します。

この従来プロセスでは、最終完成品が出来上がってから不具合が見つかった場合、
大幅な手戻りが発生し、時間的・金銭的コストが増大しやすいという問題があります。

デジタルツインを確認することで、設計段階のデータを活用し、
仮想空間上で試作機を作成・動作確認を行うことができます。
製品の品質や設計不備・生産体制などをリアルタイムで確認することができ、
生産性が大きく向上することが期待されます。

デジタルツインは、IoTが成熟してきたことで注目され始めました。
これまでは機械設備の情報や生産状況を人の目を使って確認する必要があり、
膨大な人的コストをかける必要がありました。
しかし、センサーやクラウドを利活用するIoTという技術がその問題を解決し、
簡単に情報の収集が行えるようになりました。