無料診断

事例集

SPR・FDS・スポットガンの共通化及び自動切換えシステム
(異種材料締結装置)

Problem(問題)

近年、燃費向上のため自動車のボディ軽量化についての研究が活発に行われています。
その影響で自動車ボディー試作工場では、様々な材料の組み合わせで溶接をする必要があり、スポット溶接機だけではなくSPR(Self-Pierce Riveting)、FDS(Flow Drilling Screw) という異なる異材締結装置を従業員が使い分けながら作業していました。

Solution(解決)

機内ケーブルを共通化し、その機能を切り替えることを可能にしたロボットシステムを提案・納入しました。
ツールチェンジャーで3つのガンを機械的な接続だけではなく、制御ケーブル、電源ケーブルなどはつけたまま切り替えを行います。
構想設計を行い、既存のロボットに手を加え完成させます。
位置補正用ビジョンシステムを搭載し、先端の試作用治具を自動で切り替えることも可能です。

←先端部部品SPRに切り替え

                    先端部部品FDSに切り替え→

←先端部部品スポットガンに切り替え

動画紹介