機械・装置の予知予防保全 | 目的別 | スマファクナビ

資料ダウンロード・動画視聴ページ 無料コンサル

スマートファクトリー化を検討中の
経営者・工場長・責任者様へ

機械・装置の予知予防保全

そもそも予知・予防保全とは?

製造装置や現場設備機器が「いつもと違う状態を捉え対処する」ことです。​
センシング、データ蓄積(可視化・AI分析)、結果出力の3つの組み合わせで実現します。

こんな課題はありませんか?

  • 機械の稼働状況がリアルタイムに把握できない
  • ​気が付けば機械が停止している
  • 機械の稼働計画と実績が把握できていない
  • ​効率的に生産できていない
  • 生産計画を守れていない
  • 急に機械が停まり、​待ち時間が発生している

こんなことが実現できます

装置に取り付けたセンサーでデーター収集し、異常を検知します。

  • 装置取付のセンサーでデータ収集

  • 収集データのAI判定で故障検知

  • 異常検知時に故障発生通知​

導入事例

  • 省力化(AI)
  • 設備の見える化

計器の定点監視(予知保全)

人が計器の数値をチェックし、その数値を紙に転記しての管理を自動化。
詳細はこちら >

スマファクナビならではの
ご依頼メリット

  • お客様ファースト

    特定メーカーに依存していないので、当社の機械・設備やITソフト・管理システムなどを導入する必要がありません。世の中にあるたくさんの技術を集め、組み合わせることによって、お客様にとって最適な提案をすることが可能です。

  • 生産技術×IT

    当社は生産技術(エンジニアリング)・センサー、IOT、AI等の知識を兼ね備えています。「機械・設備に強い」「ITに強い」と当社にはどちらの事業部門もそろっているのでお客様の要望に1社で答えることができます。

  • 概念実証を行う

    課題を解決する際、その方法が本当に最適で実現出来るかを概念実証にて検討し、効果を測定してから実際に本番環境を構築することが可能です。

自動化・ロボット化・見える化等
実現に向けた
無料コンサルティング
ご利用いただく企業様を
毎月5社限定で募集しております。