無料診断

事例集

設備の遠隔監視

ウェアラブルカメラやスマートグラスを用いて、遠隔地の現場の様子をリアルタイムに把握します。

スマートグラスの横にはカメラがついており、作業者の視覚と同じものが遠隔地の画面に表示されますので、それを見ながら指示を出したり、「この図面や仕様書に沿って作業をするように」というアドバイス等ができます。

 

 

問題 -Problem-


  • 現場で不明点がある時に電話での指示・質問のやり取りができない。
  • 人手不足で、現場を任せられる熟練者に仕事が集中してしまう。
  • 現場でも物事が解決できず、毎回熟練者が出張して対応しなければならない。
  • 新人を教育する指導者の不在や教育時間の不足に悩んでいる。

 

解決 -Solution-


  • ウェアラブルカメラやスマートグラスを用いて、現場の様子がリアルタイムに把握できる。
  • カメラやグラスを用いて、図面、標準書を対象物と比較しながら確認できる。
  • 音声と同時にグラスを通して具体的に図示できる。カメラの場合は、スマホやタブレットで図示。
  • 本社、熟練者の指示の下、現地の作業者が同じ作業品質で作業ができる。

 

 

成果 -Performance-


  • 設備機器の作業手順等を現実の機器に重ねて示し、特定技能の未習熟者に対する技能支援を実現。
  • 作業時間の短縮にも寄与し、業務効率を大きく改善する等の効果がでる。
  • 映像・音声による遠隔でのトレーニングに加え、デバイスと設備機器を連携させ効率的な作業を実現する事で、教育といった視点だけでなく、長時間労働の解消や省人化への貢献もできる。
  • 出張経費が馬鹿にならなかったが、出張しなくても対応できる為、経費が大幅に掛からなくなった。