無料診断

事例集

生産状況の見える化

生産されるモノの位置や工程を可視化する事によりトレーサビリティ向上や、生産状況の見える化を行います。管理したい製品にRFIDを取り付け、作業工程毎のエリアにリーダー(読み取り機)を設置します。「今どの場所(行程)に、何がいくつあるか」がリアルタイムに管理できるようになります。

 

問題 -Problem-


  • 特定のお客様の製品が、どの工程まで作業が進んでいるのか進捗把握が出来ない
  • 検品や棚卸作業を手作業/目視で行っていたので間違えが多発
  • 生産状況を1日単位で管理してるので遅延やトラブルの発見が遅れる

 

 

解決 -Solution-


  • 管理したい製品にRFIDを取り付け
  • 作業工程毎のエリアにリーダー(読み取り機)を設置
  • 「見える化」を実現するシステムを導入(PC/タブレット版)

RFIDによる個体管理

 

 

リーダー通過するだけで作業工程・数量を認識

 

 

PCやタブレットで常に進捗や在庫の管理が可能

 

 

成果 -Performance-


  • 製品の進捗が「今どの場所(工程)に、何がいくつあるか」がリアルタイムに管理できる事により、お客様からの問い合わせにスムーズに答えれる事ができるようになりました。
  • 検品や棚卸作業が属人化する事なく手軽に確認できるようになりました。
  • 進捗が常に確認できる事により、トラブルや遅延が発生した際の問題発見が対応が早くなりました。

 

 

 

この記事を読んだ方は、他にこちらの記事も読んでいます。